民主党マニュフェストから、外国人参政権は外れていた

てっきりやると公約しているものだと思っていた。


今まで民主党は外国人参政権の法案を出してきましたと、過去の実績をアピールするにとどまって、やりますという公約ではなくなっていた。


色々問題視されてるから、空気読んでトーンダウンしたのかもね。


覚せい剤で逮捕される人が増えてるのは、民主党に深い関わりがある者を覚せい剤でアゲてイメージダウンさせる準備があるという示威行動だとも取れる。


代わりに気になったのは、二重国籍条項。
マニュフェストの18ページ目

『国籍選択制度の見直し
 重国籍容認へ向け国籍選択制度の見直しを検討します。日本では1984年の国籍法改正により「国籍選択制度」が導入され、外国人との結婚や外国での出生によって外国籍を取得した日本人は一定の時点までに日本国籍と外国籍のいずれかを選択することとなりましたが、就労や生活、父母の介護のために両国間を往来する機会が多い、両親双方の国籍を自らのアイデンティティとして引き継ぎたいなどの事情から、重国籍を容認してほしいとの要望が強く寄せられています。民主党は、こうした要望を踏まえ、国籍選択制度の見直しを検討しています。』


今のところ、日本は二重国籍を認めていない。
欧米やタックスヘイブンみたいな国では、重国籍を認めているところもけっこうある。


先日、ペルーのフジモリ元大統領が、自国の政変でヤバくなって日本に逃げてきたとき、フジモリ氏はペルーと日本の二重国籍者で日本国籍も保持しているから、それを理由にして日本に滞在していた。
オレ日本人だから、ペルーでのことなんて知らんよみたいな感じで。


そういう使い方をされると困るから、日本は二重国籍をダメってことにしてるんだろうけど、民主党は変えるつもりなんだねぇ。


ちなみに国籍法改正は「1984」です。
やっぱり特別な意味があるんじゃないのかな、「1Q84」には。
プライベートジム 比較 ここに行けば理想の体が手に入る
そろそろ中古本も増えてるだろうし、ブックオフで買ってみるかな。